ヤマハ ビーノ125 タイヤ交換

以前、タイヤ交換をチャレンジしましたが、前輪のみ取り外すことができ、交換をしましたが、

リヤのホイールを外すことが出来ずに、ショップへ出そうか悩んでいました。が

思い切って中華製ですが、インパクトレンチを購入しましたので、再度チャレンジしてみました。

0E169870-3E73-4B88-AFE4-226811CEC833.jpeg

このホイールのナットは24mm。前回はインパクトドライバーで緩めようとしましたが、ソケットが折れるという事態になりました。

今回は如何でしょうか?



最初数回チャレンジしましたが、やはり全くと言って良いほど緩む気配が無い。

ラスペネを噴いて再度チャレンジしたら、なんとあっさりと緩みました。(嬉しい)さすがインパクトレンチ

以前苦労して、外れなかったのは何だったのか?

C127BE83-B104-45A2-BC39-21BA9779674C.jpeg

FAF63F0E-A064-403C-96F4-794390542E5D.jpeg
ここからホイールを外していきますが、どれだけ引っ張ってもホイールが外れてこない。

プラハンマーで叩きながらひたすら引っ張っていると少しづつ緩んできましたが、どこか引っ掛かっているような感触。

もしかしてと思い、リヤのブレーキを緩めてみたら、外れました。ブレーキシューが引っ掛かっていたようです。

5F0378D5-059B-4AB8-B4BC-CD69D41F9B7E.jpeg1F2A62DB-1905-4824-9D34-DDE2E35CF85A.jpeg

あとは力技で、タイヤを外し、新品タイヤの取り付けを行います。ここは写真を撮れませんでした。

タイヤを取り付けた後は、空気を入れてビートにタイヤがしっかりと嵌めてあげなければなりませんが、

コンプレッサーを持っていませんので、近くのガソリンスタンドで空気入れをお借りしてタイヤを嵌めてきました。

あとは、取り外した時の逆の手順で取り付けていきます。

ただここでポカをやってしまいました。

分かりますでしょうか?

そう、バルブの向きが反対のため、ギヤケース?にバルブが当たってしまいました。

折角スタンドで空気を入れてきたのに、再度バルブコアを外して、空気を抜きバルブの向きを修正しました。

4A8C264C-F127-4888-977C-368DFC809AA1.jpegEDCC749E-CF8D-45C7-9C6B-F8D40A7358F5.jpeg

交換はこれで完了です。

少し乗ってみましたが、かなりタイヤが劣化していたようで、乗り心地が滑らかになり振動も減りました。

明日は筋肉痛になりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント